天雫の日記

自分用にK-POPとかもあるけど基本それ以外の日常を書くよ〜ゆるーく。残しておきたいこととか愚痴だけ。

【閲覧非推奨】A Christmas Carol④(〜終章)

あらすじ→二番目は現在のクリスマスを見せる精。精は自らの持てるトーチで皆のクリスマスを彩っていく。楽しく過ごす多くの家族に解けていくスクルージの冷たい心。

特に彼は従業員の小さな息子、あわれなティムに心を痛め、あれほど忌み嫌っていた浮浪児にすら、救貧院のことを考えるまでになっていた。

 

〜目次〜

[:contents]

4章:最後の精霊

 

「第三の精神は真夜中に来るでしょう。」 スクルージは突然ジェイコブ・マーレイのホストの言葉を思い出し、目を上げると、真っ黒な精霊がゆっくりと彼に向かってくるのを見た。 それは背が高く、静かな姿で、頭と体を隠したジョンの黒いローブを着ていました。 それが彼に近づくと、それは止まり、片手で前方を指さした。 スクルージは他の人よりもこの精神を恐れていました、そして彼が尋ねたように彼の声は震えていました、

「あなたはまだクリスマスの精神ですか?」

幽霊は話したり動かしたりしませんでしたが、それでも前を向いていました。

「まだ起こっていないが、将来起こることの影を見せてくれませんか?」 スクルージは尋ねた。 答えは無かった。 「未来のゴースト!」 「あなたは私をとても怖がらせますが、私の人生を変えるのを手伝ってくれると思います。あなたが私に未来を見せてくれれば、私はあなたにとても感謝します。あなたは私に話しかけませんか?」 繰り返しますが、返事はありません。「まあ、道を教えてください、精」 とうとうスクルージは言った。 

 

夜が過ぎ、時間は私にとって貴重なものだと私は知っています。 幽霊は去り、スクルージはその影を追った。 突然、彼らはビジネスマンや金貸しの間で、首都の中心になりました。 大尾は一人の男を指さしたので、スクルージは彼らの会話を聞くためにグループの中の男に近づいた。

「いいえ、私はそれについてあまり知りません」とある太った男は言いました、

「彼が死んでいることだけを知っています。」

「 いついなくなった?'」別の男に尋ねた。 「昨夜、思うに」「なぜ、彼はどうしたの?」 三分の一に尋ねた。「私にはわからない」と、退屈そうに見える太った男が答えた。

「彼は彼のお金で何をしましたか?」 太った男は、赤面した紳士に尋ねた。

「彼はそれを私に任せていません。私が知っているのはそれだけです。」 彼らは皆これを笑いました。スクルージは男性を知っていて、会話の意味を説明することを期待して精神に目を向けました。しかし、幽霊は先に進み、さらに2人の男性を指さしました。スクルージは再び耳を傾けました。彼はこれらの男性をよく知っていました。 金持ちで重要で、彼はしばしば彼らと取引をしていました。「お元気ですか?」 「お元気ですか?」 他の人が答えた。「まあ!老人はついに亡くなりましたね?」「だから彼らは私に言った」と二番目は答えた。 「寒いですよね? 」

「クリスマスには素敵です。 おはようございます! 」

別の言葉ではありません。 それで彼らの会議は終わりました。 スクルージは、なぜ霊が彼にこれらの会話を聞いて欲しいのか疑問に思いました。 それらはどういう意味ですか? 彼はすでに死んでいたので、死んだ男は彼のパートナーのジェイコブの話にはできませんでした。 スクルージは理解しようと注意深く見守っていた。 彼は自分の影を探し回ったが、どこにも自分自身を見ることができなかった。

「 おそらくそれは驚くべきことではないだろう」と彼は考えた。「私が人生を変え、それを計画しているなら、私は将来同じ人になることはないでしょう!」 ちょうどその時、彼はその精神に気づき、その指差しで彼のそばに静かに暗く立っていた。彼は黒いローブの後ろで彼をじっと見つめている目に見えない目を感じた。 そしてスクルージがかつてなかった首都の別の場所に行きました。

 

通りは狭くて汚れていて、家は悲惨なほど貧しく、人々は洗われておらず、服を着ていませんでした。 通りを下ったところに小さなお店があり、老人が客を待って座っていました。 彼の仕事は、古い家具や服を購入し、ロンドンで最も貧しい人々に再び売ることでした。 スクルージとスピリットが見守る中、3人の女性が同時に大きな束を持って店のドアに到着しました。 彼らは非常に驚き、お互いを見るのを少し恥ずかしく思ったように見えました。 突然、みんなが笑い始めました。 レディース、あなたは会うのにこれ以上の場所を見つけることができませんでした」と、老人のジョーは起き上がって言いました。 「さあ、中に入って、あなたが売らなければならないものを見せてください。」 中には、最初の女性が束をテーブルに置いて言った、「これがどこから来たのか誰もが知っていても構わない! 私たちは皆、自分の面倒を見る必要があります! 彼はいつもやった!」

「そうです」と2人目の女性は同意した。 非常に真実だ」と3番目に同意した。 「死んだ男はこれらのものを必要としますか?」 最初の女性は続けました

「そしてなぜ彼は生きている間そんなに意地悪だったのですか?私たちは皆彼のために働きましたね?彼の家を掃除し、彼の服を洗い、彼のスープを調理しましたか?そして私たちは何を得ましたか?週に3シリング! 彼が一人で亡くなり、周りに友達がいなかったのも当然です!」 「あなたは本当の言葉を話したことがありません」と2番目は言いました。「彼は悪い男でした、私たちは皆それを知っています」と3番目は言いました。 「ボタン、鉛筆、ブーツ、銀のスプーン、いくつかの優れたベッドカーテン、毛布、シャツ」と彼は付け加え、上質な綿を感じながら、「はい、それは彼のベストでした」と最初の人は言いました。

「彼が死んだ後、彼らはそれを彼にとても良くかけものにしました。 しかし、彼は死んだ!なので、今は必要ありません。」

「そして毛布とベッドカーテン! 彼は必要ありません 」

「彼がそこに横たわっている間、あなたは死体からシャツを脱ぎ、ベッドから毛布とカーテンを脱ぎました! まあまあ! それらのどちらか! 」女性の手にいくつかのシリングを数えました。 「ははは!'」

最初の女性は笑った。 ジョーは頭を振って言った。 「これがあなたのお金です。そして、彼が生きていたときはみんな離れていました。彼が死んだ今、私​​たちは彼からお金を稼ぎました! ははは!'」

 

スクルージは同時に気分が悪くなり、怒りました。 「スピリット」と彼は言った、「私は今見えます。 私はその不幸な男かもしれません。 ぁあ、これは何ですか?」 ジョーと女性たちは姿を消し、スクルージは暗い部屋に立っていた。 彼の反対側には、毛布やカーテンのないベッドがありました。 シートで覆われた死んだ男の体に、上から光が降り注いだ。

「なんて悲しいことだ」とスクルージは考えた。「彼の周りに友達や家族がいない状態で死ぬのだ! ろうそくや花のない空の部屋に横たわり、彼の服を奪った! 彼は人生で誰も愛していなかったので、誰も彼を愛していないことを知るために! お金は幸せな人生や平和な死を買うことはできません!」 彼はその手が男の覆われた頭を指していた霊を見ました。 シートを持ち上げて、その男が誰であるかを確認するのは簡単です。 しかし、何らかの理由でスクルージはそれを行うことができませんでした。

「スピリット」と彼は言った、

これはひどい場所です。行こう!」それでも幽霊の動かない指は男のニスボディの頭を指さしました。

「私はあなたを理解していますが、私は彼を見ることができません、精、私はできません!」 スクルージは乱暴に言った。

「この町にこの男の死に何かを感じている人がいたら、その人を私に見せてください、精神をお願いします! しばらくの間、精霊はその暗いローブを翼のように持ち上げ、スクルージに母親と彼女の子供たちが座っている部屋を見せました。 若い女性は時計を見続け、夫が到着すると急いで彼に会いました。

「何–ニュースは何ですか?」 彼女は心配そうに彼に尋ねた。 「それは悪いですか?」

「まだ希望があります、キャロライン」と彼は答えた。 「どうして希望がありますか? それが難しい、つまり老人が私たちに今すぐお金を返済することを望んでいるなら、彼らは私たちを刑務所に送るでしょう! 私たちは彼に支払うのに十分ではありません!」 「彼は死んでいる、キャロライン」と彼女の夫は答えた。

「神に感謝します!」 若い女性は心から叫んだ。 次の瞬間、彼女は自分の言ったことに気づきました。 「ああ、そういう意味じゃなかった。ごめんなさい、!誰もが死ぬ」 「おそらく、彼の事業を相続する人は私たちにお金を返済するためのより多くの時間を与えるでしょう。そして私たちはそれまでにお金を持っているでしょう。今夜私たちはよく眠ることができます、キャロライン!」「だから、精」とスクルージは壊れた声で言った、 「あなたはこの男の死で私にみんなに訪れた幸せだけがあったことを示すことができます。 それは私を怖がらせます、精。死ぬと悲しみがあることを見せてください。」 幽霊は彼を静かに通りを通って、貧しいボブ・クラチットの家に連れて行った。 部屋は奇妙に見えた。

 

母親と娘たちは一緒に小さな白い綿のシャツを作っていましたが、通常は騒々しい若者は静かに読書をしていました。 母と娘はクラチットが隅に静かに座っていて、ピーターは本でした。 クラチェット夫人は彼女の作品をテーブルに置き、彼女の顔を手で覆った。

「色は私の目を傷つけます」と彼女は言いました。色は?ああ貧しいティム!

「彼らは今少し良くなっています」と彼女は続けました。 「ろうそくの明かりで作業するのは難しいです。 そして、私はあなたの父が家に帰ったときに赤い目を見せたくありません。」 「彼は少し遅れています」とピーターは言いました。「しかし、ここ数日、彼はもっとゆっくり歩いたと思います、お母さん。」 彼らは再びとても静かでした。 とうとう彼女は勇敢に言った、私は彼が一緒に歩いているのを知っていた-ティムを腕に抱えて、確かに非常に速い。

「私もそうだ」とピーターは叫んだ。

「しばしば!しかし、彼は持ち運びがとても軽く、あなたのお父さんは彼をとても愛していた!そして今、あなたのお父さんがドアにいる!」 ボブが入ってくると、彼女はすぐに起き上がってキスをしました。彼は疲れていて痩せていて、長いスカーフとかわいそうな男が必要でした。マーサはブーツとスカーフを脱いで、ベリンダは彼にお茶を持ってきて、小さなクラチットは彼の近くに座っていました。 。彼は彼ら全員にとても陽気で、彼の妻と娘たちが作っている小さなシャツに満足していました

。「日曜日よりずっと前に準備ができているでしょう?」 「日曜日! あなたは今日そこに行きました、それでは、ボブ? 」彼の妻は尋ねた。

「はい、私の愛する人。 あなたはそれを見たいです。 それは美しい緑。 しかし、あなたはそれを頻繁に見るでしょう。 私は毎週日曜日にそこに行くと彼に約束した。 私の小さな、小さな子供! 」

 

ボブは顔を手に隠して叫んだ。 彼はその少年をとても愛していた。 彼は二階の静かな寝室に行き、そこで子供は横たわっていた。 かわいそうなボブは彼のそばに座り、落ち着きを感じたとき、彼は小さな顔にキスをし、そして再び階下に行き、ほとんど幸せでした。 「私の愛する人たち」と彼は子供たちに言った、「最近のある日はそうしないでしょう。 結婚して家を出ます。 数年後には、おそらく皆さん全員がそうするでしょう。 しかし、私たちの誰もがティムを決して忘れないだろうと私は確信していますね?」 「決して、お父さん!」 彼らは皆泣いた。 そして、私は知っています」とボブは言いました。「彼がどれほど忍耐強く穏やかであったかを思い出すと、彼は小さな子供でしたが、私たちは自分たちの間で議論することはありません。 覚えておきます。可哀想なティムと愛し合っていた僕らを」

お父さん、そうします!」 彼らは皆再び泣いた。 私はとても幸せです」とボブは言いました。「 私はとても幸せです! 」..クラチットが彼にキスをし、彼の娘が彼にキスをし、ツイクラチットが彼にキスをし、そして彼とピーターが若いティムに手を振った、「あなたの良さはあなたの家族に生き続けています! 」

 

「スピリット」とスクルージは言った。「すぐに私を置き去りにすることを知っています。ベッドで死んだ男が誰であったか教えてください。」

言葉では答えはありませんでしたが、未来のクリスマスの幽霊がスクルージを再びロンドンの街に連れて行きました。 「ちょっと待って」とスクルージは言った。 「私たちは私のオフィスを通過しています。 将来どうなるか見てみましょう! 精が止まった。 その手はオフィスから離れた方向を向いていた。 しかし、スクルージは急いで窓に近づいて中を覗き込んだ。それはまだ事務所だったが、彼のものではなかった。 家具は同じではなく、椅子の姿は彼自身ではありませんでした。 幽霊は前方を指さし続け、スクルージはそれに続いた。 彼らは教会に到着し、教会の庭に入った。 ここでは、だらしのない墓と刈り取られていない草の間に、スクルージという名前がすぐにわかる惨めな男が横たわっていました。 それは孤独な場所で、とても愛されていない人に最も適していました。 精霊は立って、墓の1つを指さしました。 スクルージは奇妙なことに恐れていた。 「私がその墓石をもっと詳しく見る前に、」彼は言った、「私に一つの質問に答えなさい。これらはあるものの影(既にあった)なのか、それともあるかもしれないもの(これから起こり得る)の唯一の影なのか?」

返事をせずに、幽霊は静かに墓を指さした。 スクルージはゆっくりとそれに向かって移動し、指に続いて、石の上で彼自身の名前、エベネーザ・スクルージを読みました。 「私はベッドに横たわっていたあの男ですか?」 彼は泣いた。

 

精は墓から彼に向けられ、そして戻った

「いいえ、精! ああ、いや、いや! 」

指はまだそこにありました。 再び。 その長く暗いローブ。

「精、聴く! 私は変わったんです、

あなたの精から私を学びました! 私に希望がないのに、なぜこの恐ろしい終わりを見せてくださるの!」 初めて手が震えるように見えた。 「いい精よ、今人生を変えれば、未来が変わると言ってください!」

優しい手が再び揺れました。スクルージは幽霊の前で地面に倒れ、過去を思い出し、未来を考えます。(私は他の人に良いでしょう。私はクリスマスを心に留め、 毎日、優しく、陽気で、陽気になりましょう。ああ、この石の文字を一掃できると言ってください!)

乱暴に、彼は幽霊のような手をつかんでしばらく握りました。しかし、彼よりも強い精神で、 ちょうどその時、スクルージは霊に何か奇妙なことが起こっていることに気づきました。それはどんどん小さくなっていき、突然ベッドポストになりました。突然、ベッドポストになりました。

 

5章:おはなしのおわり

 

はい! そしてベッドポストは彼自身のものでした。 ベッドは彼自身のものであり、部屋は彼自身のものでした。 すべての中で最高で幸せなのは、彼の人生を変えるための未来は彼自身のものでした!

「私は過去を思い出し、未来を考えます」とスクルージはベッドから飛び降りながら繰り返した。 「神はあなたを祝福します、ジェイコブ・マーリー! そして、神はクリスマスを祝福します! 彼は興奮して話すのが難しいことに気づきました。 彼の顔はまだ泣いて濡れていた。 「これが私のベッドカーテンです!」 彼は喜んで泣いた。 彼らは盗まれません! そして、私は生きています! それらはあり得るものの影にすぎませんでした! 未来は違うでしょう! 私はそれがそうなることを知っています!」 この間ずっと彼の手は忙しく、急いで服を着ていました。 彼は左足を右の靴に入れ、シャツのボタンを見つけることができず、髪を磨くのを忘れました。 何をしているのかわからない!」 スクルージは笑いながら泣きながら言った。 みなさんへのメリークリスマス! 明けましておめでとうございます! 万歳! ジェイコブの幽霊が通り抜けたドアがあります! クリスマスの現在の幽霊が座っていたコーナーがあります! 

旅する幽霊を見た窓! それはすべて真実です、それはすべて起こりました! 」

ほんと、何年も笑っていなかった男にとっては、大笑いでした。長蛇の列、何曜日なのかわからない! '」

スクルージは言った。

「私は霊とどれくらい一緒にいたのかわからない!私は何も知らない。私はまるで赤子のようだ。気にしないで!私は赤ん坊であるのが好きだ!」

 

ちょうどその時彼は教会を聞いた 鐘が今まで聞いたことのないほど大きく鳴り響き、窓に駆け寄り、窓を開けて外を見ました。霧はまったくなく、澄んでいて、明るく、寒いです。

金色の日差し、青い空、甘いきれいな空気、陽気な鐘。 ああ、素晴らしい! 素晴らしい! 「今日は何?」 彼は通りの少年に呼びかけながら叫んだ。 「今日?」 少年は驚いて答えた。「なぜ、クリスマスの日だ!」「だから私はそれを見逃していません!」 スクルージは思った。 「精たちは一晩でそれをすべてやり遂げました!」 彼は再び少年に呼びかけた、「ハロー、若者! 次の通りの角にある肉屋を知っていますか?」 「もちろん、私はそうします」と少年は答えました。「なんて賢い少年でしょう!」 スクルージは言った。「彼らが昨日ショーウィンドウにあった大きな七面鳥を売ったかどうか知っていますか?」「何、私と同じくらい大きいもの?」 少年に尋ねた。「なんて楽しい少年だ!」スクルージは言った。彼と話すのは素晴らしい。「そうだ、それだ!」「それはまだ窓の中にある」と少年は言った。 スクルージは言った。 「まあ、行ってそれを買う。」 「あなたはそれを意味するのではありません!」 少年は叫んだ。「 私はします、私はします。 私は真剣です。 行ってそれを買い、男にそれをここに戻すように言いなさい。 男と一緒に戻ってきて、私はあなたにシリングをあげます。 5分以内に戻ってきてください。3シリングを差し上げます。 その少年は銃から弾丸のように出て行った。 七面鳥をボブ・クラチットに送ってください! 」スクルージは笑った。

「彼は誰がそれを送ったのか決してわかりません! ティムの2倍の大きさです! ははは!」

 

ボブの住所を書いている間、彼は笑い続け、七面鳥は重すぎて七面鳥を持った男まで運ぶことができず、カムデンタウンのためにタクシー代を払った。 今、彼は着替えを終えて、彼の最高の服を着て通りに出かけました。 町は幸せで忙しい人々でいっぱいで、スクルージは彼ら全員に微笑んだ。 三人か四人の男が元気に彼に言った、「おはようございます、サー! そして、あなたへのメリークリスマス!」 スクルージは、これらが彼が今まで聞いた中で最高の音だと思った。 彼が歩いていると、彼は突然、貧しい人々のためにお金を要求するために彼のオフィスに来た快適な見た目の紳士の一人に気づきました。 スクルージはまっすぐ彼のところに行き、老紳士を両手で持って言った、

「親愛なる先生、お元気ですか? あなたへのメリークリスマス、サー!」

スクルージさん?」 紳士は驚いて尋ねた。 「はい、それが私の名前です。 昨日あなたが私を訪ねてきたときに私があなたに言ったことをとても残念に思います。 お願いします-そして彼は紳士の耳の中でとても静かに話しました。 「なんと!」 紳士は叫びました。

「私の愛するスクルージさん、あなたは本気ですか?」「私はそうです。シリングが少なくはありません。私はあなたに言わなければなりません、私は何年も誰にも何も与えていません。」

「私の愛するサー!」 と紳士は握手して言った。「どうもありがとうございました。「何も言わないでください」とスクルージは答えた。「明日私に会いに来てくれませんか?」

'「します!'」老紳士は喜んで叫んだ。

「ありがとう、そして神はあなたを祝福します!」 スクルージは言った。 彼は教会に行き、人々を見て、子供たちにスイーツのお金を与えました、そして彼が彼の人生でそれほど幸せである必要がないことを発見しました。 午後、彼は甥の家に行きました。 彼はノックするのに十分勇敢になる前に数回ドアを通り過ぎました。 しかし、ついに彼はそれをし、居間に連れて行かれました。そこでフレッドと彼のかわいい妻は彼らの友人が夕食のために到着するのを待っていました。 「フレッド!'」

スクルージは言った。 「それはあなたの叔父のスクルージです。 私は夕食に来ました。 フレッド、私を留まらせてくれませんか?」「 彼をとどまらせなさい! 」

フレッドはおじの腕を振り払うところだった。 スクルージは5分でくつろいだ気分になりました。 何も楽しいことはありません。 そして、彼らが食べたなんて素晴らしい夕食でしょう! 素晴らしい素晴らしい幸せ! パーティー、素晴らしいゲーム。

 

しかし、彼は翌朝早くオフィスにいました。 ああ、彼そして彼はやった! 時計は九時を打った。 ボブはいない。 四分の一過去。 ボブはいない。 彼は18分半早くそこに遅れました。 彼は遅れて到着するボブ・クラチットを捕まえたかった。 彼がついに急いで入ったとき。スクルージはオフィスのドアを開けたまま座っていた。 番号。 「ハロー!」 スクルージは古くて固い声で言った。 「どういう意味ですか:ここに遅く来るとはどういう意味ですか?」 ごめんなさい、サー」とボブは言った。 「私は遅刻だ。 年に一度だけです。 昨日はかなり陽気でした。」 「今、私はあなたに何を話しますか、私の友人」とスクルージは言いました、もうこれを持っていないでしょう。 それで、彼は続けて、椅子から飛び降りてボブの手を振った。「私はあなたに2倍のお金を払うつもりです! ボブの顔は白くなった。 彼は1、2秒の間、スクルージがおかしくなっていると思った。

「メリークリスマス、ボブ!」 スクルージは言った、そして彼がそれを意味したことは明らかだった。 「ボブ、私が長い間あなたに与えてきたよりも楽しいクリスマス。 私はあなたに多額の支払いをし、あなたの家族を助けます、そして私たちは今日の午後、クリスマスの飲み物、ボブについてそれについて話し合います! ボブ・クラチット、一度にもっと多くの木を火にかけ、快適にしましょう! スクルージは約束したことすべてを行いました。 死ななかったティムにとって、彼は二番目の父親になりました。 彼はロンドンや世界中の誰と同じように、良い友達、雇用主、そして人間になりました。 何人かの人々は彼の変化を見て笑ったが、彼は気にしなかった。 彼自身の心は彼の中で笑いました、そしてそれは彼にとって十分でした。 

彼はこれ以上精霊と会話することはありませんでしたが、クリスマスを元気に保ち、幸せな生活を送りました。 それが私たち全員が望んでいることであり、ティムが言ったように、「神は私たち全員を祝福します!」

 

【閲覧非推奨】A Christmas Carol③(3章)

あらすじ→出会った1人目のクリスマスの精霊は過去を司っていた。過去の影を一つ二つと見せてくる精霊。

過去働いていた店で、人々に暖かく挨拶をする店主をスクルージは尊敬していたはずだった。いつしか、好きなあの子にも振られた。どうやらわたしは変わってしまったらしい。

 

〜目次〜

 

3章:2人目の精霊

 

スクルージが目を覚ましたとき、彼はすぐに教会の時計がちょうど1時を打つつもりであることに気づきました。 彼は第二の霊がすぐに彼を訪ねると確信していました。 今回は準備ができたかったので、自分でベッドの周りのカーテンをすべて引き戻し、そこで横になって待っていました。 ある時、スクルージのベッドに精霊の代わりに強い光が降り注いだ。 彼はとてもおびえた。 数分後、彼はおそらく隣の部屋から光が来ているのではないかと思ったので、起き上がってドアに行きました。 彼がそれに触れると、奇妙な声が彼の名前を呼び、彼に入るように頼んだ。 彼は従った。

彼はそれを自分の部屋として認識しましたが、今では非常に異なって見えました。 壁は明るい緑の葉で覆われていて、暖炉の中で燃えている良い火がありました。 床には最高のクリスマスフードの大きな山がありました-素晴らしい濃厚なダークケーキ、温かい柔らかいパン、色とりどりのリンゴとオレンジ、黄色いバターのプレート、調理された鶏肉、チョコレートの箱と砂糖菓子。 このすべての横に座っていたのは、スクルージに元気に声をかけた、大きくて笑顔の精霊でした。

 

「入って来い! 私はクリスマスの現在の幽霊! 私を見て!」

 

最初の精霊のもとに訪れた時、スクルージはもはや自分を分からなかった。なので 、精霊の目は澄んでいて親切でしたが、スクルージはその顔をまっすぐに見ることを恐れていました。 しかし、その体は長い緑色のローブを着ており、長い茶色の髪は背中から自由に落ち、顔は暖かくフレンドリーな笑顔を着ていたことがわかりました。 強い右手に持っていたトーチから光が輝いていました。 「スピリット」とスクルージは静かに言った、「あなたが望むところに連れて行ってください。昨夜私は今働いているレッスンを学びました。今夜私に教えることがあれば、あなたから学ばせてください。」

「私のローブに触れてください!」

とスピリットは言いました、そしてスクルージは従いました。

 

食べ物、部屋、火はすべて消え、クリスマスの朝、彼らは寒くて雪に覆われた通りの外に立っていました。空は灰色で通りは汚れていましたが、人々は驚くほど陽気に見えました。 、クリスマスディナーを持ってパン屋の店に急いで行くと、すべて料理の準備ができていました。精神は貧しい人々に特に興味を持っているようでした。彼はパン屋の戸口でスクルージと一緒に立ち、夕食の上にトーチをかざして通り過ぎました。 時々、人々が互いに押し合ったり怒ったりするのを見たとき、彼はトーチを頭上に持ち上げると、すぐに彼らは親切になったり、

「クリスマスだから」と主張するのをやめました。「あなたのトーチは何をしますか、精霊よ」スクルージは尋ねた。

クリスマスプレゼントの幽霊! 私を見て! 確かに。 そのため、精霊の目は澄んでいて親切でしたが、スクルージはその顔をまっすぐに見ることを恐れていました。 しかし、その体は長い緑色のローブを着ており、長い茶色の髪は背中から自由に落ち、顔は暖かくフレンドリーな笑顔を着ていたことがわかりました。 強い右手に持っていたトーチから光が輝いていました。 「スピリット」とスクルージは静かに言った、「あなたが望むところに連れて行ってください。昨夜私は今働いているレッスンを学びました。今夜私に教えることがあれば、あなたから学ばせてください。」 私のローブに触れてください!」 とスピリットは言いました、そしてスクルージは従いました。食べ物、部屋、火はすべて消え、クリスマスの朝、彼らは寒くて雪に覆われた通りの外に立っていました。空は灰色で通りは汚れていましたが、人々は驚くほど陽気に見えました。 、クリスマスディナーを持ってパン屋の店に急いで行くと、すべて料理の準備ができていました。精神は貧しい人々に特に興味を持っているようでした。彼はパン屋の戸口でスクルージと一緒に立ち、夕食の上にトーチをかざして通り過ぎました。 時々、人々が互いに押し合ったり怒ったりするのを見たとき、彼はトーチを頭上に持ち上げると、すぐに彼らは親切になったり、「クリスマスだから」と主張するのをやめました。「あなたのトーチは何をしますか、精神 「スクルージは尋ねた。それはこの日の人々の夕食に特別な味を与える」と精霊は答えた。 

 

「なぜあなたは貧しい人々にそれを最も使うのですか?」 スクルージは言った。 「貧しい人々がそれを最も必要としているので」と答えた。彼らはロンドンを通り抜け、スクルージの店員(ボブ)が住んでいた小さな家にやって来た。ここで精霊は微笑んで、ドアの向こうに彼のトーチをかかげた。 次女のベリンダは、普段着で、きれいに見えて、クリスマスディナーのテーブルに皿を置いていました。ボブの息子のピーターがジャガイモの調理を手伝っていて、男の子と女の子の2人の小さなクラチットが走っていました。 ちょうどその時、長女のマーサが仕事から家に帰ってきました。

「マーサ、お母さんです!」 2人の若いクラチットは喜んで叫びました。「私たちは夕食に本当に大きな鶏を食べています、マーサ!」 実際、それは小さな鶏だけでしたが、興奮した子供たちには大きく見えました。「私の愛する人、あなたはどれくらい遅いのですか!」 クラチェット夫人は娘に何度かキスをし、

「昨日はとても忙しかった、お母さん! 少女は答えた。 だから今朝まで終わらなかった! 」「まぁ!あなたがここにいるので、気にしないでください。 神のお恵みがありますように! 火のそばに座ってください、私の愛する人!」 「いや、いや! 父が来る!」 2人の若いクラチットは叫んだ。 「隠す、マーサ、隠れろ〜!」

 

そこでマーサは身を隠し、ボブは薄いコートと長い白いスカーフを身に着け、息子のティムを腕に抱えていました。 かわいそうなティム! 彼は生まれてから歩いていませんでした、そして彼は彼自身と彼の細い小さな足を引き寄せることができましたが木製の松葉杖の助けを借りて、彼は一人で遠くまで旅行するのに十分な強さではありませんでした。 「なぜ、マーサはどこ?」 ボブは周りを見回しながら叫んだ。 「来てない」とクラチェット夫人は言った。 「来ていない!」 ボブは繰り返し、彼の陽気な笑顔は消えました。「 クリスマスの日は来ません!」 しかし、マーサは少しの間でも父親を心配するのが好きではなかったので、ドアの後ろから走り出して彼にキスをしました。2人の若いクラチットはティムに鶏肉を見せました。 スクルージと精は、家族が座って食事をするのを見ていた。 それは十分に貧しい食事でした、しかし彼らにはそれは素晴らしい、そして彼らはそれのすべてを食べました。

「これは私が今まで味わった中で最高の鶏肉です」とボブは家族に微笑みながら言った。

 

家族は口をいっぱいにして全員が同意した。 そして、その日の最もエキサイティングな瞬間! ベリンダは一人一人の前にきれいな皿を置き、彼女が台所から入ってくると、全員がクラチェット夫人を見るようになりました。 彼女の顔は朝の仕事で暑かったが、青い火の小さな輪の中で、クリスマスプディングを運んでいる間、彼女は幸せそうに笑っていた!

ああ、すごいプリンでした! 彼らは皆それを喜んでいました。

「これまでのすべての年であなたの最大の成功です私の愛する人!」 ボブは言った。

妻、「しかし、はい、それは良いものです!」 そして、彼女は「まあ、私はそれにどれだけの果物を入れるべきか疑問に思いました」のように笑いました、と彼の若い女の子は言いました。 大家族にとってはとても小さなプリンだとは誰も言いませんでした。 誰もそれを考えさえしませんでした。 クラチットがそのようなことを言ったり考えたりしたことはありません。

とうとう食事が終わると、子供たちはテーブルを片付けて皿を洗った。 それから彼らは皆火の周りに座ってリンゴとオレンジを食べました。 果物と砂糖とお湯の大きなボウルと少し強いものがありましたが、家族はグラス2杯とカップ1杯しか持っていなかったため、同時に飲むことができたのは3人だけでした。 しかし、これはクラチットをまったく心配しませんでした。 ボブはグラスを持ち上げて言った、「私たち全員にメリークリスマス、私の愛する人たち! 神は私たちを祝福!'」家族は彼の願いを繰り返し、ティムは最後に、

「神は私たち一人一人を祝福します!」と言いました。 彼は小さな椅子に座って、父親のすぐ近くに座っていました。 ボブは息子の細い小さな手を自分で持っていました。 その少年は父親の心の中に特別な場所を持っていた。

 

「スピリット」とスクルージは、これまでに感じたことのない興味を持って言った。

「小さなティムが生きるかどうか教えてください。」

「将来、火のそばに松葉杖が付いた空の椅子が見えます。 これらの影(暗示)が変わらなければ、子供は死にます。 「いや、いや!」 スクルージは言った。 「いや、優しい精よ! 彼が生きると言ってください!」

「彼の人生がすぐに変わらなければ、彼は次のクリスマスまでに死ぬでしょう。それはどういうことですか? 世界には人が多すぎるので、何人かが死んだらいいことです。」

スクルージは、霊が語った自分の言葉を聞いて恥ずかしくて悲しかった。 しかし、彼は自分の名前を聞いて頭を上げた。

スクルージさん!」 ボブは言った。

「この食事にお金を払ったスクルージさんに乾杯しましょう!」

「彼のお金!」 クラチェット夫人は怒って言った。 「彼の週15シリングで何を買うことができますか? スクルージのような憎しみのある、固い、無感覚な、意地悪な老人の健康のために飲む必要があるのはなぜですか? 」

「私の愛する人」とボブは優しく言いました。「クリスマスだということを忘れないでください。」「 さて……、ボブ、私はあなたとそれがクリスマスだからだけ彼の健康のために飲みます。 スクルージ氏の長寿! メリークリスマスと新年あけましておめでとうございます! 彼はとても陽気でとても幸せになるでしょう、きっと!」 子供たちがスクルージの名前を聞いたとき、しばらくの間、彼らの幸せに暗い影が私を覆い、彼らは静かで少し悲しかった。 しかし、5分後、彼らは話したり、笑ったり、話をしたりして、以前の10倍の楽しさを味わいました。 彼らはかっこいい家族でも身なりのよい家族でもありませんでしたが、彼らは幸せで感謝し、お互いを愛していました。 彼らが精霊のたいまつに照らして姿を消したので、スクルージは彼ら、特にティムから目を離すことができませんでした。

 

この時までに、それは暗くなり、大雪が降っていました。 精はスクルージを多くの家に連れて行きました。そこでは火が元気に燃え、食べ物が料理されていました、そして人々は友人や家族を家に迎え入れてくれます。 精霊はこのすべての興奮を見て喜んでおり、貧しい大家族全員にトーチを持ち上げて、彼らにもっと楽しく、より良い食べ物と幸せを与えるようにしました。 それから精はスクルージを忙しい首都から遠ざけました。 木が生えなかった田舎の野生の孤独な場所へ。 ここから彼らは小さな石造りの家、長い道のりの町や村を訪れました。そこでは老人と女性が子供たちと孫たちと一緒にクリスマスキャロルを歌っていました。 精はここに長くとどまらなかったが、スクルージは彼のローブを再びつかんで言った。

「私たちはどこに行くのですか?空中ではありませんよね、確かに!」 そして、スクルージはひどく怯えて、陸と海を飛び越えながら見下ろしました。嵐と風の強い天気で、波は彼らの下で激しく衝突しました。精はスクルージを数マイルの孤独な岩の上に建てられた灯台に連れて行きました。 危険な岩に近づかないように船員に警告するために、上部に光が燃え続けていました。2人の男性が、家族から遠く離れたこの寒くて不親切な場所に住んでいましたが、精は彼らが揺れるのを見て微笑んでいました。 手を取り合って、お互いにメリークリスマスを望み、火の前で一緒にキャロルを歌います。再びスピリットとスクルージが飛んで、一緒に海の真ん中にある船に着陸しました。 家に帰り、友人に親切な言葉をかけたり、クリスマスだったので家族のことを温かく考えたりしました。

 

風と波の音を聞きながら、スクルージが幸せな笑い声を聞いたのは大きな驚きでした。 彼はそれを甥のものだと認識し、甥の明るく暖かい居間で、彼のそばに笑顔の精神を持っていることに気づきました。 スクルージの甥が笑ったとき、彼と一緒にいた誰もが笑いたかった。 彼はそのような笑いを持っていた。 そして現時点では、彼のとてもかわいい妻と彼の何人かは友達は彼と一緒に笑っていた。 「彼はクリスマスはくだらないのだと言った! ははは!'」スクルージの甥は叫んだ。

「それは彼にとって非常に悪いことです、フレッド!」 彼の妻は言った。 「彼は奇妙な老人だ」とスクルージの甥は言った、「申し訳ないん。 彼のお金は彼には役に立たない。 彼は金持ちですが、まったく幸せでも快適でもありません。 彼が寒い部屋に一人で座っていると考えるのは悲しいことです。 そして、毎年クリスマスに彼を招待するつもりです。 彼は苛立って惨めになる可能性がありますが、私は彼を招待し続け、いつの日か彼はクリスマスのことをよく考えるでしょう!」

お茶の後、陽気な小さなグループが歌を歌い、音楽を演奏しました。 スクルージは妹が歌っていた歌を認識し、悲しいことにクリスマスの過去の霊が彼に見せたものを思い出しました。

その後、友達は推測ゲームをプレイし、スクルージは喜んでゲームに参加しました。 霊以外の誰も彼の声を聞くことができませんでしたが、彼はしばしば正しい答えを推測しました。

「そろそろ行く時間だ」と霊は老人の幼稚な興奮に微笑んで言った。「いや、精、もう少し長く滞在させてください。見て、彼らは新しいゲームをしている!」 スクルージの甥が何かを考え、他の人がそれが何であるかを知るために質問をしなければならなかった、イエスとノーと呼ばれるゲームでした。唯一の可能な答えはイエスかノーでした。 動物、野生動物、時には怒っている動物、ロンドンに住んでいて……

フレッドは質問に答えるたびに、笑いを止めることができませんでした。 ついに、彼の妻の暗くてかわいい妹も笑い始めました。 私はそれが何であるかを知っています、フレッド! 知っている!' 彼女は叫んだ。 「おじさんのScro-o-o–0-ogeです!」みんなが泣くまで笑いました。 なんて素晴らしいゲームでしょう。 フレッドのなんて賢い考えでしょう!

しかし、ついにフレッドは目を乾かして言った、「私たちは彼のおかげでとても陽気だったので、私たちは彼の健康のために飲むべきだと思います。 アンクル・スクルージです! おじいさんにメリークリスマスと新年あけましておめでとうございます! アンクル・スクルージ! 「スクルージおじさんに!」 スクルージおじさんは彼らに感謝したかったのですが、霊は急いで彼を遠ざけました。霊は今ではずっと年をとっているように見えました。茶色の髪が灰色になりました。

「霊の寿命はとても短いのですか?」 スクルージは尋ねた。「この世界での私の人生は今夜深夜に終わります。聞いてください!今は四分の一から真夜中です!教会の時計は四分の一を打っていました。」スクルージは言った。 足元にあるものは?」 「ああ、ここを見て!」 と霊は悲しそうに言い、ローブの下から男の子と女の子の2人の幽霊のような姿を引き出しました。 彼らは薄くて服装が貧弱で、冷たくて平均的な前夜と乾燥した黄色い肌をしていて、彼らの顔は殺人的な憎しみしか示していませんでした。 スクルージは、これほどひどいものや悲しいものを怖がらせるのを見たことがありませんでした。

「これらの惨めな子供たちは人間のものです」と精神は言いました。 「少年は犯罪です。 女の子は必要です。 彼らについて何もしなければ、彼らは人を滅ぼします。 」

「誰も彼らを助けることができないのですか?」 スクルージは叫んだ。

「刑務所はありませんか?」 精はいった。

スクルージは最後に言った、

「救貧院はありませんか?」

時計は12時を刻みました。スクルージは見ましたが、霊や子供たちを見ることができなくなりました。彼は再び一人でした。

【閲覧非推奨】A Christmas Carol②(2章)

あらすじ→意地悪で陰険でケチな男、エベネーザ・スクルージはクリスマスが嫌い。甥の誘いも断る。その夜同僚のジェイコブ・マーレーの幽霊をみて、三人の精霊がやってくるという話をされる。はじめにやってきた過去の精霊は、優しかった彼から変わってしまった過去のスクルージを見せる。

 

〜目次〜

 

2章:三人のうち最初の精霊

 

スクルージが目を覚ましたとき、部屋はとても暗かった。 彼は教会の時計が鳴り始めるのを聞いて、何時かを見るために耳を傾けました。 驚いたことに、重い鐘は12まで鳴り続け、その後止まりました。 十二時! 彼が寝たのは朝の2時過ぎだった。 時計が間違っているに違いない! 彼は腕時計を見た。  おなじく12時! 「私は一日中寝ましたか? もう次の夜ですか?」スクルージは自問した。

「それとも太陽に何かが起こったのですか? おそらくそれは真夜中ではなく、正午です! しかし、それは不可能です! 」

彼はベッドを登り、窓から眺めた。しかし、暗くて霧のかかった通りの外には誰もいなかった、そして彼はそれが夜でなければならないことに気づいた。 彼は再びベッドに戻ったが、眠ることができなかった。 彼は何が起こっているのか理解できなかったので心配していました。  「マーリーの幽霊は夢でしたか?」 彼は疑問に思いました。  「しかし、それはだいぶリアルだった..」彼は時計がその時間の15分前から時を打つのに気づきます。 突然彼は思い出した。 幽霊は彼に霊が1時に彼を訪ねると警告していました。 彼はあと1時間すぎるまで起きていると決めた。

時間は非常にゆっくりと過ぎました、しかし彼はついに時計が一時の15分前を打つのを聞きました。  「1時だ!」 スクルージは喜んで叫んだ。「そして何も起こらなかった!」 しかし、彼は時の鐘が鳴る前に話してしまいました。時計は今、深くて悲しい一時を打ち、すぐにスクルージの寝室に光が差し込んでいました。

 

ベッドの周りのカーテンが開かれました。スクルージはベッドに腰を下ろし、幽霊のような訪問者を見つめました。 半分は子供のようで、半分は老人のような奇妙な姿が彼を振り返りました。長い白い髪でしたが、肌は柔らかくて若かったです。夏と冬の両方の花で覆われた短い白いローブを着ていました。 しかし、奇妙なことに、頭のてっぺんから明るく澄んだ光が輝いていました。片方の腕の下に大きな消火器のように見える帽子が付いていたため、明るく見えたのかもしれません。

「 あなたはどなたですか?」 スクルージは尋ねた。「私はクリスマスの過去の幽霊だ」と精霊は柔らかく優しい声で答えた。「あなたはずっと昔のもの自身ですか?」スクルージは尋ねた。「いいえ。あなたの過去」「 精霊、なぜあなたがここにいるのか教えてください。」  「私はあなた自身のためにここにいます」と幽霊は答えました。ありがとう、スクルージは丁寧に答えました。 こっそり彼が考えているのは「は!睡眠を邪魔しておいてか?」精霊は彼の考えていることが聞こえているかのように見えました、そして一旦「私はお前の人生を変えてやるため、お前を助けにここにきた!みろ!聞け!」強い手を出し、スクルージを腕で抱えた。  「私と一緒に来てください!」 どこにも行かず、しばらくの間、彼は病気で外出できないふりをすることを考えました。 しかし、彼は断るのが好きではなかった。

 

外が暗くて寒かった。 スクルージは何も助けたくなかったので、ベッドから出ました。 彼らは一緒に家の壁を通り抜けて暗闇の中に出ました。 突然、スクルージは、彼らが両側に畑がある開かれた田舎道に立っていることに気づきました。 ロンドン、霧、そして闇はすべて消え、それは晴れた、寒い、冬の日で、地面には雪が降っていました。  「ああ!(←驚きと強い否定)スクルージは叫びました。「私はこの近くで生まれました。よく覚えています。精神は老人を優しく見ました。」あなたが長年それを忘れていたのはなんて奇妙なことでしょう。あなたの顔は何ですか?泣いていますか?」 スクルージは彼の目に手を置いた。←なぜ?

「それは何でもない-寒いだけだ、それだけだ。あなたが望むところに私を連れて行ってくれ、精霊よ!」 いいえ。スクルージは、小さなマーケットタウンに向かう道を歩いていると、すべての畑、柱、木を認識しました。彼らの周りには、馬に乗って農民のカートに乗った若い男子生徒がいて、旅行中にお互いにメリークリスマスを笑いながら願っていました。 クリスマス休暇のために彼らの家に。「彼らは過去からの影に過ぎない」と精霊は言った。「彼らは私たちを見ることができない。」

 

スクルージはそれらすべてを知っていて名前を付けましたが、なぜ彼は彼らに会えてとても喜んだのですか?彼らが通り過ぎたとき、なぜ彼の冷たい心臓は「メリークリスマス!」と叫びながら速く鼓動したのですか?  「誰もが学校を去ったわけではない」と幽霊は言った。 「そこにはまだ孤独な子供が一人いて、友達が全員いなくなった子供が一人います。」「 知っている!」スクルージは言った。 そして今、彼は公然と泣いていました。 彼らは小さな道に戻り、すぐに学校にやって来ました。 中には、長くて寒くて静かな教室で、孤独な少年が小さな火のそばで読書をしていました。 スクルージは自分の哀れな自分の過去を忘れているのを見たとき、机の1つに腰を下ろし、頭を両手に持って泣きました。  「かわいそうな男の子!願っていますが、今では手遅れです。」 「どうしたの?'」精霊は尋ねた。 「私のドアでクリスマスキャロルを歌っている男の子がいました、昨日。何もあげられず申し訳ないというだけだ」

 

 幽霊は微笑んで手を上げ、「過去のクリスマスをもう一度見よう!」と言った。 教室は暗く、汚れていた。 以前より少し年上で大きい若いスクルージが再びいました。彼は今回は読書しながら歩いてはいませんでしたが、非常に不幸に見えていったりきたりと歩いていました。 ドアが開き、彼よりずっと若い女の子が駆け込んできました。彼女は首に腕をまわして、愛情を込めて彼に言いました、 「親愛なる兄さま、あなたを家に連れて帰ります! お父さんは昔よりもとても優しいんです! 先日、家に帰ってもいいかと聞いたら、そう言った! そして、私たちは一緒にクリスマスを過ごし、そして最も楽しい時間を過ごすつもりです!」 彼女は彼をドアの方へ引っ張り始めたとき、喜んで笑っていました。 彼らは手をつないで一緒に楽しく出かけました。 「彼女はなんて暖かい心を持っていたのでしょう。 」幽霊は言った。 「あなたは正しい」とスクルージは言った。「私はあなたに同意する!」「彼女は結婚した、私は理解している。そして彼女が死ぬ前に子供がいたと思う。 」「一人の子供」とスクルージは答えた。「本当だ」と幽霊は言った。「あなたの甥!」 「はい」と彼はついに言いました。

 

学校は姿を消し、賑やかな町の真ん中にあり、周りには影の群衆とがありました。ここでもクリスマスの時期でしたが、 スクルージの夕方で、お店や通りに明かりが灯っていました。幽霊はオフィスのドアに立ち寄りました。「この場所を知っていますか、スクルージ?」 彼は尋ねた。 「それを知っている!」 スクルージは叫んだ。 「なぜって、私はここの店員でした!」 彼らが入って、大きな、親切な見た目の老紳士が高い机に座っているのを見たとき、スクルージは興奮して叫びました。「なんてことだ、それはフェジウィッグです! 神は彼を祝福したんだ! 再びフェジウィッグが生きかえった! フェジウィッグはペンを置き、時計を見ました。 太ったお腹にコートのボタンを締めると、彼は笑い始め、豊かで深く幸せな声で「エベネーザ!ディック!7時!今夜はもう仕事がない!クリスマスイブだ、覚えてるだろ?」若いスクルージは急いだ。 で、別の店員と一緒に。「それはディック・ウィルキンスです!」 スクルージは幽霊に静かに言った。 「彼はいつも私を好きだった。 まあ! かわいそうなディック!」 2人の若い店員が一緒にすべてのペンと紙を片付け、フェジウィッグの命令に従って、部屋の家具すべてを片付けました。 フィドラーがやってきた。 入って来たのはフェジウィッグ夫人で、太っていて笑顔でした。 入って来たのは、甘くてかわいい3人のフェジウィッグ娘です。 彼女らを愛していた6人の男性がやって来ました。 入って来たのは料理人。 牛乳配達人と。 隣の家から男の子が、向かいの家から女の子がやって来ました。 彼らの中には、静かに、騒々しく、しかしクリスマスイブだったのでみんな幸せになりました。 フィドラーが演奏を始め、離れて彼ら全員が同時に20ペア、ぐるぐる回って、真ん中を下ってまた上に向かって踊りました。 彼ら全員が疲れていたとき、古いフェジウィッグは叫びました。 「今、何か食べたり飲んだりしてください! 」ドアの近くの長いテーブルには、ケーキと温かい肉とパンと冷たい肉と果物、そしてあらゆる種類の飲み物がありました。 そして、彼らが食べた後、彼らは再び踊りました。 時計が11時を打ったとき、踊りは終わりました。 フェジウィッグ夫妻はドアのそばに立ち、外出する際に一人一人と握手し、メリークリスマスを願っていました。 この間、スクルージは目の前で起こっていること以外は何も考えていませんでした。 彼はそれをすべて思い出して楽しんだ。 しかし、踊りが終わったとき、彼は幽霊が彼を見ていることに気づきました。 精霊の頭の光がとてもはっきりと燃えていました。 「これらの幼稚な人々を楽しませるのは簡単なようです」と幽霊は言いました。 「フェジウィッグがやったことは何もなかったでしょう? 結局のところ、彼は食べ物や飲み物、そしてフィドラーへの支払いに数ポンドしか費やしませんでした。 」 「それはお金の問題ではない」とスクルージは暖かく答えた。 (心境の変化) 彼は今の老人ではなく、かつての若者のように話していました。 「いいえ、幽霊。あなたが見る、私たちの雇用主は私たちを幸せまたは悲しませることができます。 彼の言葉、彼の外見、これらすべてのものはとても重要です! 彼が与える幸せはお金と同じくらい価値があります!」 精霊が彼を注意深く見ているのを感じたとき、彼は突然話すのをやめました。 「どうしたの?」幽霊は尋ねた。 「えー、何もない」とスクルージは言った。 「それだけです。今、店員に一言か二言言ってもらいたいのです。」

 

これで、スクルージは再び自分自身を見ることができました。 彼は今(みていた姿)より年上であり、彼がお金に不健康な関心を示し始めていることは明らかでした。 彼の目は落ち着きがなく、彼の口は細くて意地悪に見えた。 彼は一人ではなく、素敵な若い女の子のそばに座っていました。 クリスマスの過去の幽霊から明るく輝いた光は、彼女が泣いていたことを示していました。 「私はそれがあなたにとってそれほど重要ではないことを知っています」と彼女はそっと言いました。 「あなたはあなたが私を気にするよりも金を気にします。おそらく私は悲しいです。 お金は私があなたに与えたかった幸せをあなたに与えるでしょう。」 「でも、私はあなたに対しては変わっていませんよね?」「あなたは変わった。私たちはずっと前に結婚することを約束した。私たちが貧しかったとき、私は同じままだったので幸せだったが、あなたは今、異なる希望と夢を持っている 。私はかつての貴方を愛していましたが、あなたはもう私と結婚したくないのです。だから私はあなたが自由だとあなたに言いました。あなたの選んだ人生で幸せになりなさい!」そして彼女は彼から去った。 スクルージは叫んだ。 「もう見せないで! 家まで連れて帰ってください! これは痛すぎる! 」「もう一つの過去の影をみせてやる!」 幽霊は言った。 スクルージは叫びました。「もう見たくない!」しかし、霊から逃げることができなかった。

 

彼らは別の場所、それほど広くはないが快適な部屋にいた。火のそばに美しい女性が座っていた。スクルージは、今では見栄えの良い既婚女性である彼女(彼女の娘の対面に座っている)を見るまで、彼女はみた時と同じく少女だと思っていました。部屋は子供たちでいっぱいで、騒がしく、叫び、笑いました。 。ちょうどその時、ドアが開き、父親は大きな荷物を持って入ってきた。 クリスマスプレゼントの山を運ぶ。 騒音は2倍になり、子供たちは喜んでプレゼントを受け取り、父親に感謝の気持ちでキスをしました。 最後に、若い人たちは二階のベッドに行き、スクルージはこれまで以上に悲しそうに見守っていました。 父が愛する娘と母親と一緒に火のそばに座ったとき。 「ベル」と夫は笑顔で妻の方を向いて言った、 「今日の午後、あなたの古い友人に会いました。誰だと思いますか?スクルージさん!彼は彼のオフィスに一人で座っていました。彼のパートナーは死にかけています、そして私は彼には他に友達がいるとは思えません。」 「精霊! 」スクルージは壊れた声で言った。 「私をこの場所から遠ざけてください。「これらは過去に起こったことの影です」と幽霊は言いました。 「あなたはあなたが好む人生を選んだのに、なぜ今泣くのですか? 」 「もう見れない! ひどすぎる! 私を放っておいて、精霊! 」そしてスクルージは、幽霊のような光が高く明るく燃えていることに気づき、突然明かり消しの帽子を取り、それを精霊の頭に強く押し下げました。 しかし、それは幽霊の頭と体を覆っていたが、スクルージは光を隠すことができず、それは下から強く輝き続けた。 今、スクルージは再び自分の寝室に戻った。 とても疲れていたので、彼はベッドに登り、すぐに深くて重い眠りに落ちました。